トップ

ビジネスでの話し方

ビジネスマナーの習得

ビジネスマナーとしての敬語

正しい敬語を使うことは、ビジネスマナーとして大切なことは当然ですが、社会人の常識として身に付けておきたいものです。通常、敬語は、尊敬、謙譲、丁寧の3種類に分類され、話す相手に敬意を表すために、相手を高めたり、自分を低めたり、礼儀正しくしたりして話します。ビジネスシーンで、気をつけなくてはならないポイントの一つに、自社の上司のことを社外の人に話す場合の使い方があります。社内で話す時は、上司と直接話す時はもちろん、上司を話題にして他の人と話す時にも、上司に対しては尊敬の意を示しながら話します。しかし、社外の人と話す時には、上司であっても身内のものというスタンスで、謙譲表現を用います。取引先からの電話に社長の留守を伝えるのに、「社長はいらっしゃいません」とは言ってはいけないということです。

敬語を網羅せずマナーを厳守する

収集家に特有の気持ちを理解できる社会人は、マナーの向上を図る大義名分のもとで全ての種類の敬語を暗記する意気込みを持ちます。実践するかどうかは各々の最終判断しだいですが、もしも続々と勉強していきビジネスの分野で優秀さを発揮できると信じるならば再考する余地があります。マナーを徹底させる取り組みには少なからず効果があるものの、敬語にばかり時間を費やすのはいただけません。膨大な種類を有する事実は、学びをビジネスに活かそうと努めている間に判明します。業務知識の増加などにも勤しまないと、同僚に先を越されます。

↑PAGE TOP