トップ / 接客ビジネスをマスター

接客ビジネスとは

接客ビジネスをマスター

接客ビジネスのための資格

接客ビジネスを極めたいという人のために「接客サービスマナー検定」というものがあります。飛行機・ホテル・リラクゼーション・ブライダルなどさまざまな方面において注目されているマナー検定です。内容は1級が筆記試験と面接試験となります。筆記試験においてはビジネスマナーや漢字の読み書き、外国人への対応などさまざまな内容の問題が出題されます。面接試験において1級はロールプレイング実技になります。合格率は1級では15%と結構低めになっています。費用は12000円かかります。取得するのは大変ではありますが、難しさに見合った価値は十分にある資格です。

接客サービスマナー検定の内容

ビジネスを行う上で重要な要素の1つがマナーです。昨今では接客業のみならず、医療・介護分野や金融業界など、様々な分野において上質なサービスが求められているのです。接客サービスマナー検定の試験内容は、接客サービスの基本からビジネスマナー、クレーム対応まで、社会人として必要な様々な知識・技能をカバーしています。費用としては、個人で受験する場合の検定料が3級で5,000円、2級で7,000円、準1級で9,000円、1級で12,000円です。また、合格率はおおよその目安として3級で60%、2級で52%、準1級で43%、1級で15%程となっています。

↑PAGE TOP