トップ / 国際的なビジネスマナー

海外のビジネスマナー

国際的なビジネスマナー

ビジネスに活かせる資格

ビジネスにおいてマナーが重要なのは言うまでもありません。さらに昨今では、海外で仕事をしたり、あるいは海外の方と仕事でやりとりをしたりということも増えてきています。そうした場面で重要なのが正式な国際交流の原則であるプロトコール(国際儀礼)です。これらのマナーやプロトコールについての知識を試すことができる資格として、マナープロトコール検定という資格があります。検定の内容は、社会人として必須のマナーやプロトコール(国際儀礼)に関わる知識と技能として、テーブルマナーや暮らしのマナーからビジネスマナーに至るまで多岐にわたっています。合格率は2級で50-60%、3級が70-80%です。また、費用は個人で受検する場合の検定料が準1級で9,000円、2級で6,000円、3級で4,800円となっています。

マナープロトコール検定の内容

マナープロトコール検定は社会人として身につけるべきマナーや国際儀礼を1級から3級まで4段階に分けて判定し、基本的な一般常識の取得や、上級合格者では特殊技能を身につけ人材育成に必要な知識を得られる検定です。マナー指導者や接客業に従事するビジネスパーソンに広く取得されています。試験内容はマナーの歴史から、暮らし全般に関する事、冠婚葬祭、ビジネスマナー、国際的な知識とあらゆる礼儀作法から出題されます。合格率は3級で7,8割、2級では5,6割となり準1級・1級ではさらに狭き門となっています。取得には3級か2級からチャレンジ可能となり受験費用として3級4,800円、2級6,000円がかかります。2級合格者が準1級を、準1級合格者が1級を受けられる仕組みになっています。

↑PAGE TOP